院長紹介

ごあいさつ

治療することはもちろん、患者様が豊かな生活を送るための手助けになるように努めております



初めまして、力武正浩と申します。
私の名前は読み方が難しく、「りきぶ先生」と呼ばれたり、(某漫画の影響で『力』だけしかあっていないのですが)「りきいし先生」と呼ばれたりもします。

ですので医院名はひらがなを用いて、『りきたけ耳鼻咽喉科 小児耳鼻咽喉科』にしました。

2000年に3月に東京慈恵会医科大学を卒業し、同大学の耳鼻咽喉科に入局しました。

学生時代から小児に関わる診療をしたいと考えており、小児科と耳鼻科で悩み、手術にも興味があったため耳鼻科を選択しました。

入局時の慈恵医大は耳・鼻・腫瘍の手術は全国でもトップレベルの件数を行っていましたが、小児難聴はほとんどが他施設に紹介しておりました。
慈恵
医大でも小児難聴の臨床を始めたいと思い、他の先生方と協力し小児難聴外来を立ち上げました。

その後、東京大学名誉教授・現東京医療センター感覚器センター名誉センター長の加我君孝先生をはじめとし、小児難聴に携わる多くの素晴らしい先生方に出会い臨床を学ぶことができました。

慈恵医大でも専門外来を現在も続けさせて頂いております。

今回、縁があり板橋区の蓮根で耳鼻咽喉科クリニックを開業する運びになりました。
難聴はもとより、約20年培った慈恵医大での臨床経験を生かして地域医療に貢献したいと考えております。

丁寧で優しい診療を心がけたいと思います。

蓮根駅周辺、あるいは近隣の皆様、スタッフ一同よろしくお願いします。

院長 力武 正浩

経歴

1994年4月東京慈恵会医科大学医学部医学科入学
2000年3月同上卒業
2000年5月第94回医師国家試験合格
(医籍登録番号 第411563号)
2000年4月東京慈恵会医科大学附属病院耳鼻咽喉科研修医として研修開始
2002年4月東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科後期研修医として研修開始
2002年7月東京厚生年金病院耳鼻咽喉科医員
2004年7月東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科助教として、慈恵医大附属病院、慈恵医大第三病院、慈恵医大柏病院に勤務
2011年10月東京医療センター感覚器センター研究員
2013年3月東京慈恵会医科大学学位取得
2014年4月東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科より国内留学として、目白大学言語聴覚学科講師、同大学耳科学研究所クリニック勤務
2015年10月東京慈恵会医科大学附属病院勤務
2016年1月厚木市立病院耳鼻咽喉科上席医長
2016年10月東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科講師
2019年3月厚木市立病院耳鼻咽喉科退職
2019年5月東京都板橋区蓮根にて、りきたけ耳鼻咽喉科開院

その他

2007年4月日本耳鼻咽喉科学会認定専門医取得
2008年4月日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
2010年8月第7回東京慈恵会医科大学研修指導医講習会修了
2015年1月日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門研修指導医

入会学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本耳科学会
  • 日本聴覚医学会
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会

原著論文

自著論文

  1. Bilateral Deafness as a Complication of the Vaccination-A Case Report.
    Rikitake M, Sampei S, Komori M, Sakurai Y, Kojima H
    Int Tinnitus J. 2018 Jun 1;22(1):19-22.

  2. CHARGE症候群の小児3例における人工内耳埋め込み術後の聴性行動反応の変化
    力武 正浩, 榎本 千江子, 南 修司郎, 加我 君孝
    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 88巻9号 Page693-698(2016.08)

  3. 青年・成人期をむかえた脳性麻痺症例の聴力像の検討
    力武 正浩, 加我 君孝
    耳鼻咽喉科展望57巻3号 Page133-137(2014.06)

  4. 耳硬化症におけるCT所見と術後成績の検討 
    力武正浩, 小島 博己, 山本和央, 田中康広, 森山 寛
    Otology Japan23巻2号 Page730125-130(2013.05)

  5. 難聴を伴う重複障害児の変遷と現況 
    力武 正浩, 小島 博己, 森山 寛, 加我 君孝
    耳鼻咽喉科展望55巻6号 Page417-424(2012.12)

  6. 脊髄髄膜瘤と難聴
    力武 正浩, 加我 君孝
    耳鼻咽喉科展望55巻4号 Page212-217(2012.08)

  7. Development of speech and hearing of two children with Pelizaeus-Merzbacher disease presenting only waves I and II of the auditory brainstem response.
    Rikitake M, Kaga K.
    Acta Otolaryngol. 2012 May;132(5):563-9. 

  8. 鼓膜所見正常な耳小骨奇形の検討(第2報) 
    力武 正浩, 田中 康広, 小島 博己, 森山 寛
    耳鼻咽喉科展望52巻6号 Page440-447(2009.12)

  9. 側頭骨領域ナビゲーション手術のための低侵襲リファレンスフレーム 
    力武 正浩, 小島 博己, 森山 寛, 宮崎 日出海
    耳鼻咽喉科展望(0386-9687)52巻5号 Page344-346(2009.10)

  10. 経口的内視鏡下喉頭蓋嚢胞摘出術について
    力武 正浩, 石井 正則, 須田 稔士, 石井 彩子, 歌橋 弘哉
    耳鼻咽喉科展望47巻6号 Page438-442(2004.12)

  11. 内視鏡下に摘出しえた上顎洞血瘤腫の1例
    力武 正浩, 歌橋 弘哉, 宇井 直也, 三戸部 慈実, 石井 正則
    耳鼻咽喉科展望46巻3号 Page221-226(2003.06)